社会的距離戦略とは? 

COVID-19が世界中で猛威を振るうなか、この新型コロナウイルスについてアスリートが知っておくべき重要な情報をAthlete365がお知らせします。以下に、社会的距離戦略についてご説明します。 

  • 社会的距離戦略について知る 
  • COVID-19のパンデミック大流行中に重要である理由を知る 
  • 日常生活で社会的距離戦略を実践する方法を知る 

ここ数週間に渡り、皆さんは社会的距離戦略(ソーシャル・ディスタンシング)という言葉を頻繁に耳にしたことと思います。その理由は、この戦略を実践することによって、皆さんと他人の健康をCOVID-19のパンデミックから守ることにつながると専門家が勧告しているからです。そこで、社会的距離戦略について知っておくべきすべての点をお知らせします。  

社会的距離戦略とは? 

物理的な距離の確保としても知られる社会的距離戦略は、感染性疾患の拡大を阻止、または遅らせるための抑制措置です。つまり、あなたと他人との間での接触を少なくすることを意味します。 

現在、医療サービスに対する負荷を軽減し、COVID-19の拡大を阻止するため、世界中の政府がすべての国民に対して社会的距離戦略を実践するよう勧告しています。 

なぜ今、社会的距離戦略が重要なのか? 

COVID-19は、ウイルス感染者が咳やくしゃみをしたときに放出されるしぶき、すなわち、飛沫を通じて感染が拡大します。  

感染者との距離が近すぎると、COVID-19ウイルスを含む飛沫を吸い込むリスクがあります。 

他人との接触を制限し、社会的距離戦略を実践することにより、あなたがコロナウイルスに感染し、他人に感染拡大させるリスクを抑えることができるのです。 

社会的距離戦略の実践方法 

世界保健機関は、高熱、咳、またはウイルス感染によって引き起こされるその他の症状を示す人から、最低1メートルの距離を保つよう勧告しています。 

握手、ハグ、キスも避ける必要があります。 

具合が悪いと感じたら、他人との接触を避けることが極めて重要です。 

高熱、咳、呼吸障害などを患っている人をあなたが看病しなくてはいけない場合、必ずマスクを着用し、手を清潔に保って衛生管理を徹底しましょう。つまり、石鹸と水で手を洗う、またはアルコール系消毒剤を頻繁に使うことを意味します。 

トレーニングを続けるには? 

可能であれば、運動やワークアウトは自宅で行うように心がけましょう。そうすることによってトレーニングセッションを変更する必要が生じるかもしれませんが、すでに多くのアスリートが画期的な自己流のトレーニング方法をソーシャルメディアでシェアしています。 

あなたの居住国における政府の方針によっては、社会的距離戦略を実践し、他人との接触を避けるという条件の下、屋外で運動をすることができるかもしれません。 

スポーツ心理学者のポール・ワイルマン氏による、社会的距離戦略を実践しながらポジティブな姿勢を保つ方法についてのアドバイスはこちらをクリックしてください