新型コロナウイルスの発生に関するアスリートへのアドバイス

Published on: Feb 5, 2020 at 10:21

2019年12月31日、中国の医療関係者は世界保健機関(WHO)に、武漢市で市民が発熱やインフルエンザのような症状の病気に罹ったと報告しました。その後、新型コロナウイルスが発生し、国際機関はできるだけ早急にその拡散を抑えようとしています。

  • 1月30日時点で、8,000人がウイルスに感染しました。大部分は中国大陸に住んでいる方です。
  • 私達はWHOと国際オリンピック委員会(IOC)の医療・科学委員会グループと連携して、状況の変化に注意しながら最新のアドバイスを提供できるよう努めています。
  • 2022年北京冬季オリンピックの第1回試験イベントを中止するなど、すでに予防措置を講じています。

選手として、競技に出場するために遠征したり、トーナメントで他の選手と会ったりする機会が多いです。ですので、どのような環境でも安全でいるために必要な情報やノウハウを知っておくことが鍵となります。

唐突な新型コロナウイルスの発生後、IOCの医療チームは、WHOと協力して選手達が最も的確な情報を得られるようにしています。

WHOのアドバイス

急性呼吸器の感染のリスクを減らすために、以下の措置に従うことをお勧めします。

  • 急性呼吸器感染症を患っている人との密接な接触を避けてください。
  • 頻繁に手を洗ってください。特に病気の人やそのような環境に直接接触した後は、念入りに手を洗ってください。
  • 農場や野生動物との無防備な接触は避けてください。
  • 急性呼吸器感染の症状がある方は、咳をする時のエチケットを練習してください(距離をとり、使い捨てのティッシュか衣類で咳やくしゃみをする時に口を覆い、手を洗ってください)。

予防のため、2022年北京冬季オリンピックの第1回の試験イベント、アルペンスキーは中止になりました。2020年2月15日と16日に中国北京市にある延慶区で開催される予定でしたが、医療専門家からのアドバイスに従って、中止することになります。

現在、WHOは新型コロナウイルスの流行を、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態と宣言しました。現時点では、特に複数の国家間を移動する場合、自分自身と他の方の健康に気を付けることが重要です。

最新状況と健康に関するアドバイスをご覧になるには、WHOのウェブサイトにアクセスしてください