IOCアスリート委員会の声明 

IOC アスリート委員会は、アスリート、そして社会全体の健康を守るという観点から、2020年東京オリンピック競技大会を2021年に延期するというIOCの決定を歓迎し、全面的に支持します。 

ここ数週間、とりわけ数日にわたり、皆さんからのフィードバックをはじめ、COVID-19が原因で皆さんが直面している問題について数多くの選手代表および選手のコミュニティと協議を重ね、意見を伺ってきました。これまで、そして現在も同様に抱えている困難な状況について、忌憚のない意見を私たちと共有してくださったことに、この場をお借りして心よりお礼申し上げます。 

昨日、IOC ACは選手からのフィードバックについて協議し、IOCに報告を行うため、バーチャル会議を開催しました。私たちは、IOCが本日下した決定をアスリートコミュニティが全面的に支持してくださっていると確信しています。 

現在、皆さんにはオリンピック競技大会に向けた準備について明確な方向性が見えてきましたが、今後も今まで通りにフィードバックをいただきたく存じます。極めて重要なことは、ご自身のみならず、ご家族の健康に気を配り、引き続き各自のコミュニティをサポートし、ロールモデルとしての自覚を継続することです。 

当委員会では以下の点について取り組んでまいります。 

  1. オリンピック大会および選考対象大会のシステムに関するあらゆる進展を皆さんに逐一報告する。 
  2. アスリートのトレーニングおよび準備におけるアドバイス、メンタルおよび身体的な健康、アンチドーピング情報、WADAおよびITAに関する最新情報を含むリソースおよび情報をAthlete365上で提供する。 

アスリートおよび選手代表の方々におかれましては、今後もフィードバックやご不明な点を(アプリ上で直接またはathlete365@olympic.orgを通じて)お送りくださるようお願いいたします。この異例の状況を共に乗り越えるべく、私たちは最善の方法で皆さんをサポートする所存です。 

どうか心を強く持ち、安全に気を付け、健康を維持してお過ごしください。 

IOCアスリート委員会