平昌と江陵(カンヌン)の両選手村でアスリート達が何を期待できるかについて、オリンピック競技大会選手村運営管理チームマネージャー、チェ・スンヨンに話を聞きました。

 

オリンピック選手村の準備はどのように進んでいますか

両オリンピック選手村は12月15日に完成しました。これを祝い、平昌オリンピック選手村で特別なテープカットセレモニーがおこなわれました。現在私達は運用試験、各ユニットの家具の備え付けおよび各サービス準備の最終段階にあります。私達は両オリンピック村の出来にとても満足しており、2月1日からアスリートや関係者の皆様がご到着されることを心待ちにしています。

 

アスリート選手村に到着した際どんなことを期待できますか

選手村居住者は、施設内で銀行や郵便局、雑貨店、ランドリーサービス、フィットネスセンター、レクリエーション施設、美容サロン、多宗教センターなど、他の冬季オリンピック競技大会および夏季オリンピック競技大会から期待できる内容と同様に色々な設備を楽しむことができます。また、選手村には幅広い世界各国の料理と食事制限のニーズに応えた料理を提供する大きなダイニング施設があり、競技期間中24時間食事が提供されます。ダイニングホールではアスリートの皆様に体験してもらえるよう韓国料理も十分に用意し、また選手村でのエンターテインメントも韓国の伝統と近代が主要テーマとなっています。

 

アスリート居住施設特筆すべき特徴は何ですか。

アスリートの皆様には、「オンドル」という韓国の伝統的な暖房装置を体験していただくことができます。これは直接伝熱方式を利用した床下暖房の一種で、大会期間中各部屋を暖かく保ちます。また、選手村は各競技施設と隣接しており、トレーニングや競技会場への長い通勤を避けることができることも特徴の一つです。

 

アスリート達は選手村の計画にどのように貢献しましたか

フィットネスセンターや無料Wi-Fiサービスの必要性、輸送モールとオリンピック選手村間の距離など、計画段階の始まりから終わりまでアスリートの皆様からのアドバイスや意見が参考にされました。アスリートは今回の計画の中心であり、結果が皆様にとって満足のいくものであることを願っています。

 

オリンピック選手村が競技の中核にあり、オリンピック競技大会の雰囲気を保つものであるようにするために、どのようなことを計画していますか

アスリートの皆様や関係者が常に大会の中心に位置しているように感じられるよう、大会期間中は様々な文化活動の企画が毎日計画されています。大会中に開催される全試合を観戦できるスクリーンをご用意するのはもちろん、選手村は各競技会場、プラザやオリンピック公園に近接しているため、休息日や競技終了後、簡単に他の競技を観戦しにいくことができます。

 

オリンピック選手村の地図を含む2018年平昌大会についてのさらなる情報をお探しの方は、ここをクリックしてください