オリンピック出場選手が経済的に安定した未来を築くための方法を、Athlete365からご紹介します。

誰しもお金の悩みを抱えてしまうことはあります。エリートスポーツ選手は、仕事とトレーニングの両立、世界中の大会に出場する自営業者としての複雑な税務処理、そして不安定な収入などが課題となることがあります。オリンピック出場選手が経済的に安定した未来を築けるよう、Visaでは、競技の場以外の課題に対処するための新しいプログラムを構築しました。

Practical Money Skills for Athletesプログラムは、2016年リオデジャネイロオリンピックで発表されたもので、経済的なスキル習得を支援するためのものです。スポーツ選手が、現役中および引退後の両方において、よりよく財務管理を行うためのプログラムです。財務管理を効率的に行いたい方のために、5つのアドバイスをご紹介します。

1 目標を決める
スポーツ選手なら誰でも競技における目標を定めますが、財務管理でも同じように、成功への最初のステップとなるのは、目標を決めることです。目標は、具体的かつ実現可能なものにすることが大事です。借金の返済、車や住宅の購入に向けた貯金、定年後の生活のための投資など様々な目標が考えられますが、財務計画を立てて、確実に実行することが重要です。また、将来のニーズを想定し、それらに備えた計画を立てることも大切です。

2 月々の財務計画を立てる
目標や達成したことについてよく考えてから、その実現に向けた予算を決めましょう。予算を決めておくと、収入に応じた生活がしやすくなり、収入の記録やお金の使い方の把握に役立ちます。また、無駄遣いを防げるようになり、支出の優先順位もつけやすくなります。予算を決める際の留意点として、決めたことを長期的に守り続けるためには、慎重に計画を立て、規律をもって優先順位をつけることが必要であることを認識しましょう。これは競技にも共通することです。予算を決定し、それを守るためのオンラインツールも多くあります。

3 銀行から受けられるサービスを把握する
信用組合でも銀行でも、金融機関が提供するサービスをすべて理解することが大事です。預金口座などの一般的な銀行サービスに加え、金融機関によっては、毎月の支払いが自動的に引き落とされるサービスや、口座間の振替、モバイルバンキングやアプリなどの便利なサービスもあります。各種のサービスを知ることで、財務計画を達成しやすくなります。

4 消費者としての知識を身につける
月々の財務計画にて支出を評価したら、賢明に支出を管理するようにしましょう。前もって計画を立て、ニーズを把握しておくと、日用品を低価格で購入し、節約できます。頻繁に使う商品はまとめて購入する、特定な時期のバーゲンで購入するなどして、節約できる場合もあります。価格は必ず比較するようにしましょう。航空券やホテル宿泊、高価なスポーツ用品などの商品やサービスを購入する際は、いろいろなお店を比べ、オンラインのレビューを読んでお買い得な購入をするようにしましょう。お金の使い方を戦略的に行うことで、大幅な節約に繋がる場合もあります。

5 気軽に助言を求める
オリンピック出場選手は固有の経済的課題に直面することがあり、これらを理解するのは簡単ではありません。専門家にアドバイスを受けるべき場合もあります。競技のためのトレーナーを選ぶ時と同様、あなたが直面している固有の課題を取り扱った実績のある専門家を選ぶことが重要です。専門家のサービスを利用できない場合には、信頼できる博識な友人やコーチ、家族などに相談しましょう。

VisaのPractical Money Skills for Athletesプログラムについての詳細はwww.practicalmoneyskills.comをご覧ください。