重要な面接に完璧な準備を行うための方法

アスリートとしてのキャリアのあとでスポーツ選手以外の職種への転身に成功するうえで、多くの場合最終面接での評価が鍵となってきます。

一流アスリートは、大きなプレッシャーがかかる状況、細部への注意、そして努力することに慣れ親しんでいます。こうした貴重な経験を活かすことで、心躍るような新たなキャリアのチャンスを掴む道が開けるのです。

 

面接のテクニックに磨きをかけるための5つのアドバイスを下にご紹介します。

 

しっかりと準備する

応募する業界、企業、職種について十分に調べておきましょう。関係する内容について深く調べることは、最も重要な準備となります。自分が提供するスキルと、応募する役職でそのスキルをどのように活かせるかを正確に把握しておいてください。また、面接官に聞きたい質問は、あらかじめ書き出しておきましょう。

 

その企業で働きたい理由について一貫した説明ができるように、必ず準備しておいてください。志望動機によって、面接官が期待する仕事への意欲と熱意をアピールすることができます。スポーツへの情熱を面接での状況へと置き換えられるよう、十分に集中してください。

 

完璧な面接は練習から

練習を繰り返すことスポーツにおける成功の秘訣です。同じことが、面接の準備にも当てはまります。家族や友人と想定される質問に答える練習をしておき、受け答えに磨きをかけましょう。IOCのアスリート ・キャリア・プログラムでは、ガイダンスとして、面接でよく聞かれる質問の例を紹介しています。

 

落ち着いて面接に臨む

面接では極度の集中が求められることもありますが、肯定的に自信を持って自分をアピールできるようにリラックスすることが大切です。アスリートとして試合の前に行った、落ち着いて集中を保つためのテクニックを思い出してみましょう。

 

積極的になろう

あなた自身や、自分の長所について話すことをためらわないようにしましょう。履歴書には学歴やスキル、経験について詳しく書かれていますが、面接では更に詳しく説明することが重要です。成功した一流のアスリートとしての自分の長所を、応募する職種での成功に向けてどのように活用できるか、詳しく説明しましょう。IOCアスリート・キャリア・プログラム(ACP)のキャリア転身ワークシートには、こうしたアドバイスも詳しく書かれています。

 

フォローアップ

面接が終わったら、面接官に今回の面接の意見と評価を伺っておきましょう。採用プロセスの次のステップについて質問し、また、面接後に短いEメールまたは手紙を送って、面接の機会をいただいたことにお礼を述べ、応募した役職への関心を再度伝えてください。

 

大切な面接に向けた準備についてさらに詳しく読みたい方は、以下のリンクから教育、就職、ライフスキルに関するIOCアスリート ・キャリア・プログラムの資料をご覧ください。