コロナウイルスのパンデミック進行中におけるアンチドーピング

現在は多くの国が厳格な措置を講じている極めて異例な時期ですが、アンチドーピングの世界にも深刻な影響が及んでいます。国境閉鎖、強制検疫、航空便のキャンセル、社会的移動の制限、事業の閉鎖、スポーツイベントのキャンセルなどのすべてが、アンチドーピングの世界に携わる人々の通常の業務に支障をきたし続けています。 

しかしながら、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)と国際検査機関(ITA)は、今後も引き続き世界中のアンチ・ドーピング機関(ADO)と国内アンチ・ドーピング機関(NADO)の日常的なニーズのモニタリングと対応をしてまいります。こちらに、アンチドーピングの世界における最新情報と指針をまとめましたのでご覧ください。